So-net無料ブログ作成
検索選択

Frサスペンション 炎のチューニング(うそうそ) [その他 バイクに関係あること無いこと]

前の記事 http://bike-ducati-ohmygod.blog.so-net.ne.jp/2013-06-25 の nozzy さん http://hnozzy.blog.so-net.ne.jp/ のリクエストにお答えして、サスペンションの動作確認をやらせました

プリロード、コンプレッションダンピング、リバウンドダンピングをマニュアル記載の最小値に設定しました。

20130626_01.JPG


そして両腕で、渾身の力をこめて縮めるっ!

ストロークセンサーの移動量7.7mm。


では息子(男子高校2年ウエイトリフティング部員庭で立ちゴケしたST4sを軽々と引き起こした体格はDUCATI DIAVELいただきますと言った直後にご飯まだ?と言う今日は未だ4回しかご飯を食べていない定期試験期間中)にやらせて見ましょう。

20130626_02.JPG

20130626_03.JPG

ストロークセンサーの移動量16.2mm


バネレートがどうこう言っている場合ではありません。

-----------
明日、出社です。

nice!(16)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 16

コメント 14

るぐっちぃ

ザンネン!
完敗でしたね…>_<…
by るぐっちぃ (2013-06-26 19:57) 

1km-diver

るぐっちぃ さん
倍以上の差がつくとは思いませんでした・・・・

by 1km-diver (2013-06-26 20:26) 

tai-yama

まだ間に合います。いまから体を鍛えれば息子さんに勝てるッッ。
草野仁さんは還暦を過ぎてもリンゴを片手で握りつぶしていましたし・・・
by tai-yama (2013-06-26 23:47) 

nozzy

真っ二つに割れたヘルメットと血まみれのフロントフォークを見せられるのかとドキドキしちゃいました。
息子さんの筋トレに1週間ぐらい貸し出したらOH後の馴らしが済んでしまうかも(笑
by nozzy (2013-06-27 01:46) 

たくや

若さの勝ちですね~
by たくや (2013-06-27 11:52) 

うえいぱうわ

鍛え方の差がでちゃったみたいですね。
ここは毎日5回くらいご飯を食べて、トレーニングするわけ
ですよ。金禄アップすれば、片手で車体を上げられるように
なる!・・・かも?(笑)
by うえいぱうわ (2013-06-27 12:29) 

ミケシマ

なんかよくわかんないけど…
息子くん、すごい…
by ミケシマ (2013-06-27 17:13) 

1km-diver

tai-yama さん
絶対間に合いませんって!
老獪さで戦うしかありません。

by 1km-diver (2013-06-27 18:42) 

1km-diver

nozzy さん
やっぱりそれ見たいですか?
リアルは痛いからやだな~

by 1km-diver (2013-06-27 18:43) 

1km-diver

たくや さん
若さ・・・無軌道な若者たちの暴走という感じ・・・でもないんだよな。

by 1km-diver (2013-06-27 18:44) 

1km-diver

うえいぱうわ さん
もっと簡単に済ませます。
「片手で車体を持ち上げろ」と、コンビニのおにぎり片手に指示する。

by 1km-diver (2013-06-27 18:45) 

1km-diver

ミケシマ さん
先ず胸板。
そして、お尻と太ももの筋肉が、半端じゃないです。
すれ違うときに体が当たると、痛いです。

by 1km-diver (2013-06-27 18:47) 

Tantawan

ええぇーーと・・・倍の差がついたとは言え、プリロードも考慮しないと・・・
ですが、最強にしたらピクリとも動かなかったりして(*≧m≦*)ププッぷ
にしても息子さん良いカ・ラ・ダ☆
by Tantawan (2013-06-27 21:19) 

1km-diver

Tantawan さん
気が付かれましたね!
組み付け段階で、かなりの与圧がかかっているようです。
こんな固くて減衰の有るバネ系が二本もあるのに、100mm以上ストロークするのが驚きです。

BMWの何とかと言うフロントサスの機構は凄いことを知りました(ばくおんで・・・・)。

by 1km-diver (2013-06-27 21:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: